スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガマズミ

resize0224.jpg

まるで白い花シリーズになってしまいましたが、5月の今、敷地内には
名前に馴染みのない自生の草花がたくさん花をつけています。
そのほとんどが清楚な白花。
その中でも一番種類が多く盛りなのは卯の花(ウツギ)。
いろいろな種類があります。
また、月見門の近くの植え込みには今ガマズミ の花が満開です。
秋には真っ赤な実をつけて、焼酎付けの果実酒にしたりします。
スポンサーサイト

エゴノキ

resize0223.jpg

敷地の真ん中に大きな1本のエゴノキがありますが、白い花が盛りです。
和名はちさ又はちしゃのきといい、古くは万葉集の柿本人麻呂の歌に詠まれています。
柑橘系の良い香りが周辺に漂って、下向きに咲く小さな花は控えめでとても風情があります。
小道に散った花の間を歩くのも良い。
しかし、その実には毒性があり食べられません。
川魚を麻痺させて獲る漁法もあるそうです。

マルバウツギ

resize0222.jpg

前回の楚々とした風情のウツギは、ガクウツギ。
ガクアジサイに似ている木ということで、アジサイに属する植物らしいです。
3枚~4枚の大きな花びらのように見えるのは、ガク片という装飾花というものなんだとか?!

一方、宿の裏手に今日きれいに咲いていたのは、マルバウツギです。
こちらは目をひく華やかさがあります。

ウツギ

resize0220.jpg

ウツギの花は今頃が開花時期です。
種類がたくさんあって、八重のもの、薄紅色のものなどいろいろ・・・。
庭に咲いているのは一重の白で、一番可憐な花。
その美しさは宿の静かな雰囲気を一層際立たせています。

アブラギリの大木

resize0218.jpg

大木の枝先に白い花が満開です。
花は房になって咲いていて、ひとつひとつはちょっと南国の花プルメリアに似てるような。
でも香りはありません。
冬になると丸い大きな青い実が成って、その種子から桐油がとれます。
食用にはならないそうです。塗料などにします。
今地面を見ると庭のあちこちに5弁の可愛い形のまま散り落ちています。

 青葉茂れる

resize0217.jpg

風薫る5月になりました。
青葉が湧き上がるように茂る季節になり、
滴る緑の森をたくさんのリス達が駆け巡っています。
里のほうでは、ウグイスが大人になって、
ホ~ゥホケキョ、ケキョケキョケキョ・・・・と
長く伸びる鳴き声。
歌声自慢の競争です。
プロフィール

勘助うさぎ

Author:勘助うさぎ
私は赤いうさぎ。
花吹雪にいる勘助です。
男の名みたいですが、実は女で私の源氏名です。
私たちのこと、花吹雪のこと、その周辺の自然など、少しずつブログでお話ししていきたいと思います。

伊豆高原 城ヶ崎温泉 花吹雪
伊豆高原 城ヶ崎温泉 花吹雪
伊豆高原 城ヶ崎温泉 花吹雪


〒413-0232
 静岡県伊東市八幡野1041
TEL:0557-54-1550
info@hanafubuki.co.jp
ご予約はこちら
最新記事
月別アーカイブ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。